B型肝炎の感染者

予防接種B型肝炎という病気があります。こちらはB型肝炎ウイルスに感染したことによって引き起こされる肝炎のことです。日本にはたくさんの感染者がいるのですが、その大部分はかつて集団予防接種を受けた際に集団感染してしまった方達です。こちらのウイルスは血液感染するのが大きな特徴となっています。そして、かつて集団予防接種の際には注射器が使い回されていました。このような行為は血液感染する感染症が蔓延してしまうリスクがとても高いです。それにも関わらず注射器の使いまわしが放置されていた事実があるのです。

国の不手際によってB型肝炎に感染してしまった方がたくさんいます。この方達が集団訴訟をしました。その結果として国は給付金を支給することになりました。感染者達には何の責任もないため、国がお金を出すのは当然のことでしょう。このことは話題になり、過去に国の責任でB型肝炎に感染した方は手続きをして給付金の支給を受けるように呼びかけられました。しかし、未だに給付金の支給を受けていない人はたくさんいるのです。給付金を支給されるためには裁判をしなければならず、敬遠してしまう方が多いのです。

こちらではB型肝炎給付金について紹介しましょう。弁護士に相談をして給付金の手続きを進めることに注目しています。弁護士に相談するメリットはたくさんあるからです。実際に弁護士に相談をする際に知っておくべきポイントについてまとめました。参考にしてください。

Pocket